外装リフォームとは

外装リフォーム

大切なお住まいや建物を長く快適にしかも最適なコストで維持管理するには、定期的な塗装工事や補修・メンテナンスがあります。

住宅や建物の外装リフォーム

住宅の外装(外壁・屋根)のリフォームは、雨漏りや破損箇所がなければ、素材そのものをコーティング(塗り重ねて、膜を作る)、つまり塗装工事をするのが主流です。
どうしても年数が経過すると徐々に塗膜が劣化します。ひどくなると塗膜が剥がれ落ちてしまいます。そのような場合は塗装工事で済みますが、さらに経過すると剥がれるとそこから雨水がモルタルに直接かかって染み出し、もろくなるなど外壁にダメージを与えてしまうので塗装工事の前に補修工事や外壁そのものの取り換えや、屋根の葺き替えといった、塗り替え前の補修工事が必要になる場合があります。

外装リフォームの種類

塗装工事(塗り替え)

塗装工事(塗り替え)

外壁(モルタル、サイディング、ALC/RC、木製板張り)屋根(陶器瓦、金属製屋根、カラーベスト)など素材や躯体そのものは劣化が見られず、塗膜のみ劣化している場合はペンキを塗り直すことで素材や躯体劣化を防ぐ効果があります。また、後者の工事の最終仕上げとしてこの塗装工事を実施します。素材そのものをコーティングすることで強度や経年劣化を防ぐ効果があります。

住宅の外壁リフォーム サイディングの壁

補修工事(外壁:サイディング重ね張り、モルタル欠損補修、屋根:重ね葺き等)

外壁の場合はサイディングボードやモルタルなど素材そのものが破損している場合は、サイディングを重ねて張り替えたり、モルタル壁は壁そのものを創り欠損部分を埋め合わせたりします。また屋根瓦やカラーベストなども一部破損が見られる場合は、重ね葺きしたりして塗装工事の前に素材そのものを作る工事を行います。

住宅の外壁リフォーム ALC/RCの壁

外壁:張り替え工事/屋根:葺き替え工事

躯体はそのままに、外壁などは既存壁そのものを取り換え違うの素材の壁に張り替えたりすることで、家の強度を上げたりします。また、屋根は雨漏りなどが酷く、著しく躯体に影響が出る場合は、屋根の内部から全部取り換え、下地を創り、新しい屋根を創ることを葺き替え工事といい、やはり最終仕上げの塗装の前に行います。

施工:神奈川県綾瀬市 鈴木建装