外壁リフォーム

外壁塗装工事(塗り替え)

塗装工事は、それぞれ役割(機能)を持った樹脂層(塗料)をコーティング(塗り重ねて、膜を作る)する工事です。

住宅の外壁塗装工事(塗り替え)

塗装工事は、それぞれ役割(機能)を持った樹脂層(塗料)をコーティング(塗り重ねて、膜を作る)する工事です。 各層は決められた膜厚を満たさないと、期待した年数より早く劣化が始まり、長持ちしません。 住宅の外壁塗装工事(塗り替え)の工程は、高圧洗浄機で外壁を洗い、必要であれば補修工事を行います。次に、旧塗膜にプライマ−(新旧の樹脂層を密着させる目的で、接着剤のようなもの)を塗り、その上に、トップコート(仕上げ用塗料)を2回塗りするのが一般的です。
トップコートは、外部の自然環境に十分耐える樹脂(アクリル,ウレタン,シリコン,フッ素など)から作られています。
 一般的に、お客様が外壁塗装工事を発注する上で、ご自身で決めなければならない事項は、@外壁の色、Aテクスチャー(外壁表面の凹凸模様)、B仕上げ用塗料のランクです。建物の状況や施工条件は別として、この3項目の組み合わせで基本的な外壁塗装工事の価格が決まります。 @とAは材料価格の高低だけで手間はほぼ同じです。材料費は塗装工事原価の2割程度といわれています。 このことから、手間が同じであれば、長持ちする材料を使用するのが賢い選択と言えます。 Aのテクスチャーの変更は手間がかかり費用もかさむことから、ほとんどの方が現状のままを選びます。 (塗料(材料)の違いによる外壁塗装工事価格の変化については、eペイントの塗装見積システムで確認できます。)

戸建住宅の外壁素材の種類

住宅の外壁塗装工事は、外壁の素材や工法により補修内容や使用する塗料が異なります。
(一般戸建住宅では、次の4種類に分けることができます)
外壁塗装を行う前に、窓枠目地の劣化が進んでいる場合はシーリング材の交換を行います。 また、外壁素材ごとに必要な補修工事があります。 専門の塗装リフォーム業者 にご相談ください。

モルタル

モルタルのクラック(ひび割れ)はシーリング材または樹脂モルタルを注入します。 モルタル欠損があれば、樹脂モルタルを埋めて補修します。

詳しくはこちら

サイディング

ボード合せ目からの雨漏りによる躯体劣化を防ぐため、必要であれば、サイディングボードの目地交換を外壁塗装工事の前に行います。

詳しくはこちら

ALC

ALC構造の建物は、雨漏りを防ぐためにALCボードの合せ目にシーリング材を注入します。そのシーリングが経年経過とともに劣化し、雨漏りによる躯体劣化を防ぐため外壁塗装工事の前にシーリング目地交換を行います。

詳しくはこちら

RC

RC構造の建物は風化や雨で経年経過すると、錆び染み汚れが目立ってきて、所々コンクリートの欠損や爆裂が見られることがあります。そのような場合でも、現在はRCコンクリート建物の再生塗装システムで脆弱化したコンクリートを除去し再生することができます。

詳しくはこちら

木製板張り

虫に喰われたり、腐った木材は新しい木材に交換します。 場合によっては、専門の大工工事が必要な場合があります。

詳しくはこちら