外装リフォーム・外壁塗り替えで使われる塗装材料

下塗り塗料の種別

住宅・外壁塗装仕様について。弱溶剤型(塗料シンナーで希釈するタイプの塗料)と、環境を考慮した水性系(水道水で希釈するタイプの塗料)があります。

仕上げ塗材との密着性、保護、耐久性を決める、下塗り材

旧塗膜や下地材、また上塗材との密着をよくするため、シーラー(プライマーという場合もあります。)やフィーラー(凹凸を埋める)を塗ります。
下塗り材なので色は、最終仕上材の発色に影響を与えないよう白または透明(クリヤー)で塗装するのがほとんどです。

下塗り材について

住宅の外壁リフォーム シーラー:Sealer(プライマー:Primer)

シーラー:Sealer(プライマー:Primer)

旧塗膜や下地材を上塗(仕上げ)材との密着を高めるために塗る下塗り材のことです。
このシーラーは下地の状態、下地材の種類、上塗り材との相性により、最適なものを選択しなければなりません。 選択を誤ると以降の作業や仕上げに悪影響を及ぼします。 ひどい場合は 、新規に塗った塗膜全体が壁から剥がれることがあります。

住宅の外壁リフォーム フィーラー:Filler

フィーラー:Filler

パテとシーラーの効果を合わせ持つのがフィーラーの特長で、壁にひび割れが発生している場合や既存外壁と違った仕上げ(模様、風合い=テクスチャ塗装)にする場合はこちらを利用します。