外装リフォーム

塗料(ペンキ)の価格と色の関係

塗り替えに使われる塗装材料。とくに塗料の価格はその商品の色によって違います。

最適な塗膜機能とコスト削減を実現する経済的な塗料

塗料の価格は成分である樹脂と色で決まる

塗料の価格は色の濃淡と色相で決まります。
これは、色の素となる顔料の値段が青系より赤系が高く、濃彩色になるほど顔料が多く使われるためです。

塗料の色彩と価格について

住宅の外壁リフォーム 塗料の色彩と価格について

見積時の色?

一般的に、外壁塗装工事の見積もりでは、塗料メーカーの標準色の中から、淡彩色系の塗料価格を基準に塗装費を算出しています。
 もし、希望する色が塗料メーカーの標準色でない場合は、塗料販売店または塗料メーカーに注文し、特別に色を作らなければなりません。  その場合、標準よりも調色代と材料の分だけ高くなります。
また、最近では色に対する地域住民の意識も高まり、市町村によっては屋根や外壁の色彩系統を条例で決めているところもあります。 外壁塗装色について不安であれば、事前に行政機関の当該窓口(都市計画課など)に問い合わせることで、無用なトラブルを回避できます。