外装塗り替えリフォームの最新の省エネ塗装

地球温暖化対策エコ塗料

夏場の室内温度上昇を抑え冷房費を低減したり、自然のエネルギーを利用したエコ塗料、塗装工事サイクル長くする塗料を使った塗り替えリフォームが人気です。

地球温暖化に貢献するさまざまな機能をもった省エネ・エコ塗料

地球温暖化に貢献するさまざまな機能をもった省エネ・エコ塗料

住宅塗替え時に、あなたの家をエコ住宅に変身させてみてはいかがですか?
現在お持ちの住宅を、塗装以外の手法でエコ住宅へ変えようとすれば、エコ建材への交換や建物構造まで手を入れる、大掛かりなリフォームになってしまいます。 また、そのとき発生する廃材が新たな環境問題を起こしていることにもなります。

今後の地球温暖化を考えると、我々、現役世代が、今できる温暖化防止対策を始めておくことは、地球上に生息するすべての生き物に対する義務ではないでしょうか!
遮熱や断熱塗料による屋根塗装は塗料代が少し高いだけで、塗装労務費(工賃)は一般屋根塗装と変わりません。 ぜひ、この機会に遮熱・断熱塗装をして地球温暖化に貢献してみてはいかがですか?塗装によるエコ対策は費用対効果で優れています。

外装塗り替えリフォームの最新の省エネ塗装

外壁塗装工事(戸建住宅)の工程・下地処理

遮熱断熱塗装

日本の気候は亜熱帯に属し、四季がある素晴らしい国ですが気温は冬は零下で夏は30度を超え、建物にとっては厳しい自然環境と言われています。 また、家庭にとっても冬季の暖房費や夏季の冷房費は響くと同時に、温暖化ガスであるCO2の排出を増加させています。
遮熱塗料を屋根に塗ることで夏場の室内温度上昇を抑え冷房費を低減できます。 また、冬場は夏場に比べ平均日射量が約1/3になり室内温度にはほとんど影響せず暖房費を高くすることはありません。
主な用途は、新生瓦などの窯業系屋根材やトタンなどの金属系屋根材です。 遮熱塗料は比較的新しい塗材で日々新たな機能を追加したものが市場に出てきています。 ほとんどの商品が低汚染、耐候性、防カビ、防藻性などの付加機能を兼ね備えています。
(遮熱塗料を太陽熱高反射塗料ともいう)

詳しくはこちら

外壁塗装工事(戸建住宅)の工程・下塗り(シーラー)

光触媒塗装

酸化チタン光触媒は紫外線を照射することで超親水性と有機物分解の2種類の機能が生まれます。
光触媒をエクステリアなどの有機物が汚れの原因となる箇所に塗布することで、汚れを分解し、光触媒の超親水性機能で雨水と共に汚れを一掃して表面を綺麗に保つことができます。
インテリアに使用する場合は、紫外線ランプなどを併用して有機物分解機能を働かせることで、天井や壁の『防汚』、『抗菌』、『脱臭』など優れた効果を発揮します。
海岸沿いや汚れやすい地域の住宅に最適です。特に窓拭きができない高所の天窓などは効果的です。

詳しくはこちら

可視光触媒塗装

可視光触媒塗装

室内の照明を使って、空気をきれいにする室内向け内装塗料です。室内照明のスイッチを入れると、すぐに光触媒作業が働き始め、十分な明かりがある限り続き、空気中の有害な物質を分解し続けます。不愉快な臭気を除去したりするので、住宅やホテル、レストラン、老舗施設、病院、学校に最適です。室内の照明で十分です。紫外線は必要ありません。水性エマルション塗料なので、塗料独特のいやな臭いがなく、人体に安全な室内塗装リフォームです。

詳しくはこちら

外壁塗装工事(戸建住宅)の工程・上塗り(仕上げ/上吹き・うえぶき)

ナノテク塗装

世界初のナノレベルの技術が、これからの外壁塗り替えを進化させます!極小のナノコンポジット樹脂が、外壁の汚れを雨水で洗い落とす「セルフクリーニング機能」。しかも、紫外線や降雨に強いシリコン化合物が外壁の色褪せを防ぎます。有機成分と無機成分が融合膜を造り酸素をシャットアウト、防火機能もあります。経済的にも安心な塗装技術です。

詳しくはこちら

外壁塗装工事(戸建住宅)の工程・上塗り(仕上げ/上吹き・うえぶき)

ハルスハイブリッド塗装

紫外線による樹脂の劣化を防ぐHALS(光安定剤)と、耐水性を飛躍的にアップされるCHMA(耐水モノマー)を樹脂の骨格に組み込んだ、全く新しく開発されたハルスハイブリッド樹脂を用いた塗料です。
その耐候性は、アクリルシリコン樹脂を上回り、ふっ素樹脂塗料に迫る高耐候性を有しています。

詳しくはこちら